世界中のエッチな情報が大集合!

歩くアダルト図書館

逆援○交際をしていた時の話

お金がない時期にお世話になった逆援○交際。誰にも言えないおばさんとの体験談です。

ピストンされる巨乳熟女就職したばかりの時期でした。一人暮らしを始めたばかりでお金の使い方に慣れず、お金が不足するようになってしまいました。なので親や友人に借金をしようかと思ったのですが、それだと自分の弱み見せる様な気がしてしまい、プライドが許さなかったのでしなかったのです。ならばどうしたら良いのかと色々思案した所、私は前々からやってみようと思っていた事を実行してみる事にしました。それは逆援助交際です。

自慢する訳ではありませんですが、私の顔は人並み以上に良いと思っていたので、自分なら逆援助交際が出来るのではと思ったのです。そこで私は出会いサイトを使い、逆援助交際を始めてみました。するとビックリするくらいすぐに一人の私に声を掛けて来たのです。そのおばさんは見るからにお金持ちと言う感じ。アクセサリーもジャラジャラ付けており、逆援助交際の相手にはちょうど良いと思いました。

お金は後払いで、まずはおばさんとセックスをする事になりました。オバサンが服を脱がせてほしいと言うので、私は優しく脱がせてあげたのです。それからおばさんをベッドにそっと寝かし、甘いキスをしました。おばさんには口臭があり、臭くて仕方がありませんでしたが、お金の為と思い我慢してキスをし続けたのです。

そして私はおばさんの胸を、撫でるようにそっと揉み始めました。するとおばさんは小さな喘ぎ声を挙げよがり始めたのです。私は胸を揉み乳首を責めおばさんの気持ちを高めようとしました。それから私は胸を弄りながら、おばさんの割れ目に顔をやり割れ目を舌でぺろぺろと舐め始めました。するとおばさんは一段と喘ぎ声が大きくなり、体をこれでもかというくらいよじらせ始めたのです。

おばさんのアソコからはすでに愛液が溢れ出て来ており挿入準備は万端。そこで私は無理やり立たせたちんちんを、おばさんの割れ目にずぶずぶっと挿入しました。それから私は思いっきり腰を前後に振り、おばさんを気持ち良くさせようとしたのです。しばらくするとおばさんは大きな喘ぎ声を挙げ、逝ったようでした。なので私もそのままおばさんの中で逝かせてもらいました。この後私のセックスに気に入ったようで3万もくれました。

それからと言うもの時間がある日はそのおばさんと何度か逆援○をさせてもらいお金がない時期も乗り切りました。やっぱり心と身体が限界を迎え数か月でやめてしまいましたが、いまとなってはいい思い出です。誰にも言えませんがw